日本の伝統の衣類|振袖レンタルで成人の日を華やかに祝おう!

振袖レンタルで成人の日を華やかに祝おう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の伝統の衣類

婦人

和服を扱うなら素材について把握しておかなければ困ってしまいます。洗濯を自分で行うならポリエステル製のものが便利です。安さなら木綿が一番であり、安い以外にも夏涼しくて済むというメリットがあります。ウールは着ると温かい素材であり、冬は重宝します。最後に絹ですが、光沢と肌触りの良さならやはり絹でしょう。値段については着物であればポリエステル製のものが1万5千円程度、ウール製のものが1万円程度、木綿が3万円程度、そして絹が12万円程度になります。和服を買うにはそれ相応の予算が必要になります。礼儀として和服の中でも振袖は未婚の女性しか着てはいけないものになっており、留袖は既婚者が着ることが一般的であるものの未婚者でも着ることが可能です。

洋服は男性は右前、女性は左前に合わせて着るのに対して、着物は男女どちらでも右前に合わせます。腰に帯を締めて固定するのも和服の特徴です。和服は着物の袖に袂があるのでゆったりとした着心地になっています。しかし何と言っても和服は伝統と歴史があることにあります。一説には縄文時代にはもう既に成立したとされており、こうしたことなどから和服を愛好する人間も少なくありません。現在でも和服は礼服として着られることがあり、結婚式、七五三、成人式、卒業式などの場面でも非常に重宝されます。和服は、着付け師の存在があり、世界的に見ても自国の民族服の着用方法を教える国は日本だけという事実があります。